渡航まで一ヶ月を切り、あれもこれもやらなきゃ、と忙しい生活になってきました。

そんな中でも、いま特に考えていることと言えば、日本から何を持って行くか、です。


メキシコの通関上、引越し荷物として取扱いできない品目が多々あります。

新品の物(購入から6ヶ月以内)、食料品、消耗品、化粧品、薬局で販売されている物全般など、これらは引越し荷物として送ることができません。


夫の話を聞いたり、メキシコに引越しをされた方のブログを見たりして、ある程度は理解していましたが、通関情報を読んで、あらためて制限の多さを実感しました。

人によっては、制限されている物を、引越し荷物に隠し入れて、持ち込みが成功したという幸運な人がいるようですが、私には、そんな賭けをする度胸がありません。

正直に言うと、ブログのネタになるかも!?と、少し思いましたが、いやいや、もし問題が起こったらダメだ、ここはふざけずに真面目にやらねば、と思い直しました。制限されているのなら仕方がない、それに従うしかありません。


引越しの荷物として送れない物は、スーツケースに入れて、フライトのときに受託手荷物として持って行くしかありません。そのため、持って行けるスーツケースの数や容量に応じて、何をどれくらい持って行くか、うまく考える必要があります。


新品の物の制限に関しては、新品のように見えないように工夫すれば良いし、食料品に関しても、メキシコで何とか日本の食材が入手できるので、私の場合は、この二つは何とかなりそうです。


問題は、化粧品や消耗品、薬局で販売されている物に関してです。特に、化粧品は、何を持って行くか、どれくらい持って行くか、悩みどころです。私は、生活環境の変化によって、肌が荒れやすいので、いつも使っている化粧品は、欠かせません。そのため、肌に使う化粧品は、メキシコで売られている物で代用することが難しいので、化粧品は最優先で持って行こうと思っています。


化粧品以外にも、絶対に持って行きたい物、言い換えれば、これだけは絶対に日本の物を使いたい!という物があります。

そこで、日本から持って行きたい物を、参考程度にいくつか紹介したいと思います。




*部屋用の虫よけスプレー。部屋にもスプレーしますが、蚊を見つけたときは、このスプレーを蚊に直接噴射します。使い方は少し違うかもしれませんが、効き目は抜群でした。



・虫よけ用品

メキシコの蚊は、日本の蚊に比べると、大きくて逞しいです。メキシコにも、虫よけ対策の商品は売っているようで、メキシコの蚊には、メキシコの殺虫剤のほうが効くと言われたりもしますが、私は、メキシコの殺虫剤は人体に影響がありそうな気がして、日本製の物を使うようにしています。実際、日本製でも効果はありました。蚊に関しては、蚊がいそうなところに行かなければ、さほど問題はないのかなと思います。それなので、虫よけ対策の用品は、電気で使う物や部屋用のスプレーを数個ほど日本から持って行こうと思います。





・食品ラップ

ラップは、絶対に日本製を使いたいので、日本から持って行きます。

私は、メキシコのラップを使ったことがないのですが、夫が「メキシコのラップはレンジで使うと溶ける…」と言っていました。そのため、我が家では、日本製のラップをたくさんストックしています。溶けるラップは使いたくないです。有害物質…人体への影響…いやいや、考えるのはやめましょう。ちなみに、我が家では、アルミホイルやキッチンペーパーも日本製を使っています。




・日焼け止め

メキシコでも日焼け止めは買えるそうですが、質がよくないと思います。塗ると、肌が白くなってしまいます。一度、メキシコで日焼け止めを塗っていると思われる人たちを見かけたのですが、みんな顔が白くなっていて、キョンシーのようでちょっと不気味でした。※キョンシーを知らない方、ごめんなさい。


メキシコの陽射しはとても強いので、日中に外出するときは、日焼け止めをこまめに塗ります。日本の日焼け止めは、肌にも優しいと思うので、日本から絶対に持って行きたいです。




・コットン

化粧水をつけたり拭き取ったりするコットンは、メキシコにはちゃんとしたものが無いそうです。私は、化粧水をつける時に、必ずコットンを使用するので、肌に触れる物だし、日本から絶対に持って行くつもりです。


メキシコ人の女性は、化粧水をつける習慣がないそうです。化粧水を使わないから肌がきれいではないのかな?などと思ってしまいますが、日本人としては、肌の手入れに化粧水は欠かせないので、化粧水を使わないのは驚きです。


私は、メキシコで化粧品は、マニキュアしか買ったことがないので、メキシコで手に入る化粧品ブランドのことは詳しくありませんが、Liverpool(デパート)に行けば、クリニークやランコムなど、日本でも有名なブランドの化粧品(スキンケア用品も含め)は、買えると思います。


ちなみに、生理用品についてですが、私はずっと日本製を使っていましたが、在庫が切れてしまったときがあり、仕方なくメキシコのナプキンを使ったことがあります。また、タンポンも、メキシコの物を使ったことがあります。

結論としては、メキシコの生理用品でも問題なく使えました。生理用品も、日本から持って行きたいところですが、生理用品はとてもかさ張るため、持って行くことを諦めようと思っています。




・緑茶

メキシコにも、緑茶は売っているそうなんですが、メキシコの緑茶は美味しくないそうです。私はメキシコの緑茶を飲んだことはありませんが、以前、知り合いのメキシコ人が「メキシコのグリーンティーは、色がイエローでグリーンじゃない!美味しくない!日本のグリーンティーは最高!」と熱く語っていました。

緑茶は無くても困りませんが、メキシコ人へのお土産にもなるし、自分でも飲めるし、持って行って損はしないと思うので、ティーパックの緑茶を持って行こうと思います。




*飲食店にて。フォークを出してくれましたが、フォークを包んでいるナプキンが、既に汚れていました。フォークが汚れるのを防ぐためにナプキンで包んでいる、と考えると、何も文句は言えません。




・除菌用品

これは、絶対に持って行きたい!というほどではありませんが、メキシコは不衛生なので、除菌スプレーや除菌シートがあると心強いです。

メキシコの不衛生さに、日本の除菌用品の除菌力が勝るのかは、不明なので、除菌用品に頼りきることはできないかもしれません。

それでも、外出する時や野外で食事をする時は、除菌シートが役立つ時があるので、私は持って行きます。

あと、キッチン用品に関しては、洗剤と熱湯で消毒できるので、大丈夫かと思いますが、除菌もできる食器用洗剤があれば尚更安心という感じです。


洗濯用洗剤や柔軟剤などは、メキシコの水が硬水なので、種類も豊富だし、メキシコで売られている物でも大丈夫かと思います。我が家では、夫が買いだめをしてくれているので、日本の粉末の洗濯用洗剤を使っています。粉末のほうが、洗浄力も強く、硬水に合っていると思います。私は、お洒落着用の洗剤を持って行こうと思っています。


ちなみに、不衛生といえば、セラヤの街中に、とても悪臭のする場所があるのですが、夫曰く「臭い場所は治安がとても悪い」そうです。

もともと治安が悪い街なのに、もっと治安が悪いところがあるなんて…恐ろしいです。

不衛生な場所や物には近づかないこと、当たり前ですが、これが一番の安全策です。



そして、あとは、言うまでもなく、やっぱり、日本の薬は必需品かと思います。よく、日本から持って行ったほうが良いと耳にするのは、目薬です。目薬は、日本に行ったことがあるメキシコ人も、日本の目薬が良い!と言っていました。


薬に関しては、言葉が分からないので、メキシコの薬を飲むのには、抵抗感があります。そのため、常備薬は豊富に取り揃えておこうと思います。




*サン・ミゲル・デ・アジェンデ(San Miguel de Allende)にて購入した服。日本円で約4,000円。デザインが気に入り、買ってみましたが、二、三回洗濯をしたら、服についていた紐がちぎれました。



一方で、衣類は、日本で新調せず、必要な場合は、メキシコで売られている物でしのぐつもりです。治安が悪い街に住むと、日常生活で着飾ることを避けなければいけません。そのため、服は、いつも地味な服を着れば良いので、メキシコでは、服はあまり必要ないように思います。楽観的に考えると、着る物に困らなくて良いから楽です。着飾る機会も少ないと思うので、メキシコにいる間は、手持ちの服で充分、と思っています。


地味な服がない、という方は、メキシコでお安く服が買えるので、現地で服を買うことをオススメします。

メキシコで売られている洋服は、デザインの好みやサイズが日本人に合わないかもしれませんが、探せば、日本人に合う服もあります。




*カンクンにて。写真の意図は、気にしないでください、ごめんなさい。着ている服は全て、C&Aというブランドのお店で買いました。



*ロブスター?ザリガニ?柄のC&AのTシャツ



メキシコには、いたる所に、C&Aというブランドの洋服店があります。C&Aは、ヨーロッパ系のファストファッションのブランドで、日本未出店だそうです。

私は、二月にメキシコへ行ったとき、夏服を持って行かなかったので、C&Aで服を買いました。それなりに、あくまで、それなりに、着られそうな物もあり、値段もとてもお手頃で、わりと良い印象を持ちました。

あとは、値段は日本と同じくらいですが、GAPもあるので、普段着ならば、メキシコで困ることなく買うことができると思います。

靴に関しても、意外に靴のお店も多くて、質にこだわらなければ、靴にも困らないと思います。



というわけで、今回は、私が思う必需品を優先的に取り上げてみました。


色々考えると、日本から持って行きたい物は、多々ありますが、考えるときりがありません。

そのため、持って行きたい物で、抜け落ちている物もあるかもしれませんが、無ければ無いで、メキシコの物をつかえばそれなりに何とかなるような気もします。


全般的に、メキシコでの生活は何とかなる、それくらいの気持ちでいるほうが、だいたいのことは上手くいくかもしれません。




関連する記事
コメント
コメントする