精密検査の結果


一昨日の土曜日に精密検査の結果を聞きました。

幸いなことに、異常なしでした。


結果を聞いた時、嬉しい、というより、安堵の気持ちが大きかったです。


医師は、精密検査の結果を見て、「生まれつき肋骨が少し変形していたため、レントゲン写真に骨が腫瘍のように写ったのだろう」と言っていました。


肺のレントゲンに写っていた、丸い白い影は、腫瘍ではありませんでした。

本当によかった…。


再検査と聞かされた先週の水曜日から、精密検査の結果を聞いた土曜日までの約4日間、とても短い間でしたが、不安で心が落ち着きませんでした。


胸部エックス線検査は、毎年受けていますが、再検査になったのは、今回初めてでした。

肋骨が変形…ということは、これからも、もしかしたら、再検査になるかもしれません。そのように考えると、その心構えが出来て、今回の件は、良い経験になったと思います。

また、メキシコへ行っても健康には気をつけよう、とあらためて思いました。


一方で、異常なし、というありがたい結果を聞けたものの、少しだけ心に引っ掛かっている出来事があります。



*結果を聞きに行く日は、鶴岡八幡宮の御守りを握りしめて病院へ…。



結果を教えてくれる病院へは、電車に乗って行くのですが、その日、病院へ行くために私がホームで電車を待っていると、私の近くに立っていたご老人が倒れ、意識不明になるという出来事がありました。駅員がその様子を見ていたため、ご老人は、すぐに担架で運ばれて行きました。


私は、その様子を見たとき、何とも言えない気持ちになり、病院で結果を聞くことが、ますます怖くなりました。

何が起こるか分からないと思ったのです。


しかしながら、私は、幸いなことに、異常なしという検査結果で、何事もありませんでした。

心配をしてくれた夫や友達、コメントをくださったとらきちさん、本当に感謝しています。ありがとうございます。


あの日、駅で倒れたご老人も、無事であることを願います。






コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログランキング

 

selected entries

categories

archives

link

profile

書いた記事数:19 最後に更新した日:2017/06/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM